テレクラの歴史を振りかえろう

テレクラの歴史を振り返りたいと思います。
テレクラはいつ頃から誕生したのでしょうか?
これは2000年に今のサーバー配信のテレクラの形ではなく、メディアプレイヤーで配信されたのが最初だと言われています。
そしてサーバー配信の現在の形になったのはガールズオンエアーというサイトが誕生してからです。
そのサイトは画期的でテレクラの知名度も一気に急上昇しました。

このガールズオンエアーはノンアダルト系です。そしてアダルト系ではエンジェルライブが市場を独占する形でした。
そこに変化が現れたのは2003年に誕生したマシェリとライブでゴーゴーというさいとです。
このサイトはノンアダルトのサイトで、このサイトによって安心して利用出来るサイトというイメージが加わり女子大生やOLなど素人女性が一気にチャットレディとして働くようになったのです。

その後テレクラはますます人気が高まり今に至ります。
料金設定は決して安いとは言えないテレクラは不景気のさなかでも人気が衰える事はありませんでした。

それはお金も時間もかかるから恋人はいらないと考える人が増え、そして恋人に求めるものを代わりにチャットレディに求めるようになったのでしょう。
そもそも恋人がいたら恋人とのおしゃべりを楽しめばいいわけですからテレクラを利用しません。
普段は女の子と話す機会がないからこそ、お金を払ってでも話したいという欲求が生まれるわけです。
今後もその傾向は変わらないと思うので、テレクラは存続し続けるのでしょう。

初回から親密になるのは難しい

ノンアダルトの場合テレクラを利用する目的は楽しくおしゃべりをしたいからです。
可愛い女の子と楽しくおしゃべりをして癒されたい、疑似恋愛の気分を味わいたいと思うかもしれません。
しかし初回からチャットレディの女の子と親密な関係になるのは正直難しいと言えるでしょう。

例えば日常生活に置き換えて考えてみて下さい。
初対面の相手といきなり親密な関係になる事が出来ますか?
親密な関係とは相手に気を許して始めて成立する関係です。お互いの事を知っておく必要があります。
そして親密な関係とは時間をかけて築いていくものなのです。

確かにテレクラは疑似恋愛を楽しむスペースを提供してくれるサイトなのかもしれません。
しかし最初はギコチないところからスタートし、回数を重ねるたびに少しつづ距離が近づきそして親密な関係を築いていく。
そのためにはリピーターになり何度もチャットレディとテレクラをする事が必要です。

初めの1回で会話が盛り上がらなかったとガッカリしてしまうかもしれませんが、それはそうです初めて話したわけですからいきなり意気投合するものでもありません。
常連になれば疑似恋愛を楽しめるような関係性になるかもしれませんよ。
もちろん相手との相性もありますから、初回があまりにひどかった場合は別の子とチャンジして改めて仕切り直しをするといいでしょう。
そしてこの子となら仲良くなれそうという相手を見つけたら何度もサイトに通ってみましょう。
そうすればあなたが望んでいるような疑似恋愛を楽しめる相手になれるかもしれません。

テレクラは想像力が重要

テレクラというのは、電話をしながら男女がマスターベーションをしながら擬似セックスをするもの、という認識は既にわかったかと思います。
しかし、これではテレクラではどういうことをするのかというものが単純にわかっただけで、実際に自分がやるとなるとまた話は変わってくるでしょう。
テレクラの本質は、男女がお互いに声を聴きながらただマスターベーションをするというものだけではないのです。

そのマスターベーションをしているという行為を、まるで本当に相手に触れられているように感じることがテレクラの本当の醍醐味なのです。
テレクラでは実際に相手の体は目の前にありませんが、あたかもそこに本当にあるように想像力を駆使することが最大のポイントなのです。
冷めた目線で見てしまえば、ただオナニーをしているのと変わりはありませんが、そこを想像力によって変えていくのです。

自分で触っているというだけではなく、相手の言葉に誘導されて触らされている、それを相手に見られているという感覚を持つことが大切です。
これは、普通のセックスではまったく実感することができないような、テレクラの最大の特製といえるでしょう。
真剣に想像力を使ってテレクラをすれば、そのぶん快感も増大していくことかと思います。
テレクラでは、相手の想像力をさらに高めるために、それに役立つような言葉を使っていくことが大切です。
どういえば相手の興奮を高めることができるか、というところに集中して、何を言うべきかを考えながらテレクラをしてみてください。

実際のセックスに比べると物足りないと考えている人は、想像力をしっかりと使ってテレクラができていない可能性があります。
本気で想像をしながらテレクラをすることの興奮度は、本物のセックスよりもはるかに高いと考える人もいるほどなのです。

テレクラの相手をどうして探す?

■以前はテレクラがあった

テレクラはかなり以前から存在していましたが、プレイする人はさほど多くはありませんでした。
近年になってプレイする人のすそ野を広げたのは、テレクラだといえるでしょう。
若い人の中にはあまり知らない人もいるかもしれませんが、テレクラは1990年代に男女の出会いの場として非常に流行ったシステムです。
そして、ただ出会いのために利用するだけでなくテレクラを使ってテレクラをする人も少なくなかったのです。
しかしテレクラも時代とともに廃れて今ではほとんど見かけることはなくなり、それにつれてテレクラも再びマイナーな存在へと移っていたのです。

■今は出会い系サイトがある

テレクラがメジャーなセックスプレイになれない理由の一つとして考えられるのは、相手を探すのが難しいという点が挙げられます。
そのための最良の方法としてテレクラがあったのですが、それを利用することが難しくなった今、最も有効な手段として挙げられるのが出会い系サイトを利用することでしょう。
今、出会い系サイトは男女が新しい出会いを求める場としてたくさんの人が利用しており、その求める出会いとは大半がセックスに関するものなのです。
したがって、出会い系サイトに登録することでテレクラの相手を探すことが容易になるというわけです。
けれども、出会い系サイトを利用する人の多くはリアルなセックスを求めており、テレクラの相手を求めている確率は決して高くありません。
だからただ登録しただけで相手が見つかるわけではないのです。
ですから、相手を見つける有効な方法として「テレクラ」というキーワードを使って検索することをおススメします。
そしてさらに自分の好みやタイプの相手を求めるなら、それらのキーワードを追加して理想の相手を絞り込んでいくといいでしょう。

Copyright© 2010 エッチなトークが楽しめる話題のテレクラ All Rights Reserved.